Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

去年、当ブログでもご紹介したスティーヴ・ガッドの最新作(DVD+CD)『WAY BACK HOME』ですが、

STEVE GADD-WAY BACK HOME

2009年からジャズの情報を発信し続けている関西発のフリーペーパー『WAY OUT WEST』の

WOW2017-01-HYOSHI.jpg

2017年1月号の巻頭特集"MY BEST DISC 2016"でも紹介させて頂きました。

WOW2017-01-KIJI-MY BEST DISC 2016

タワーレコード梅田大阪マルビル店のWAY OUT WESTコーナーでも、こんな風にディスプレイされていました。

WOW2017-01-MY BEST DISC 2016-TOWER RECORD DISPLAY

この"MY BEST DISC"という特集に書かせて頂ける時には、
「他の方があまり取り上げないだろう」という事もあってか?"フュージョン物"や"映像物"をついつい選んでしまいます。
今回は他にも、当ブログでもご紹介したミシェル・ペトルチアーニの『BOTH WORLDS LIVE』(DVD付き)や、スナーキー・パピーの『CULCHA VULCHA』、スティーヴ・カーンの『BACKLOG』、ステップス・アヘッドの『STEPPIN' OUT』、ハーリン・ライリーの『NEW DIRECTION』等が候補でしたが、"フュージョン物"・"映像物"という二つの条件を満たしていたせいか?スティーヴ・ガッド盤に決定したのでした。

因みに、去年(2016年1月号)の"MY BEST DISC 2015"では、

WOW2016-01-HYOSHI.jpg

パット・メセニーのDVD『UNITY SESSIONS』を選んだのですが、

WOW2016-01-KIJI-MY BEST DISC 2015

PAT METHENY-UNITY SESSIONS DVD

これも無意識のうちに"2条件"満たしてました!(笑)




2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2014年3月号の第55回(最終回)の記事です。

WOW2014-03-HYOSHI.jpg

この回は、当時「久し振りに登場したパーカー派の本格的なアルト奏者」として一世を風靡したリッチー・コールの映像をご紹介しました。

WOW2014-03-KIJI-55.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2014年2月号の第54回の記事です。

WOW2014-02-HYOSHI.jpg

この回は、ラグタイムを代表するピアニストの一人で、『MEMORIES OF YOU』の作曲者でもある"ユービー・ブレイク"の貴重な映像をご紹介しました。

WOW2014-02-KIJI-54.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けている
フリーペーパー『WAY OUT WEST』。
最新号(2016年3月号)で

WOW2016-03-HYOSHI.jpg

『CASSETTE TAPE PROJECT 46』という新連載がスタートされましたが、
1ケ月程前に依頼が来て、第1回で取り上げていただくこととなり、
この様な記事にしていただきました。
ありがたいことです。

WOW2016-03-KIJI-CASSETTE TAPE PROJECT-1

選曲については、『片面23分以内に収める』という時間制限もあって、結構悩みましたが、

A-1、A-2、B-1や、それらの曲が収録されているアルバムは、私のフュージュン歴の中で欠かすことのできないものですし、

A-3、B-3、B-4が収録されているアルバムは、お客さんから薦めていただいのがきっかけで愛聴盤になったものですし、

A-4は、記事にもあるように、当店で流した時に最も"喰いつき率"が高かった曲で、
この曲が収録されているアルバムについても、常連さんだった某ピアニストの方から、『ピアノトリオの演奏にもかかわらず、ベースソロやドラムソロ(フォーバースも含めて)が一切なくて成立している。』と教えていただいて、初めて気付いて感心したり、

B-2が収録されているアルバムについては、カーリン・アリソン本人が2002年12月に来店してくれた時に、「あなたの『BALLADS』は持っていますよ。」と言ってCDを見せると、当時最新盤だったこのCDを、わざわざ宿泊していたホテルまで取りに帰ってくれて(店のすぐ近くだったのですが、)プレゼントしてくれたりと、

想い出がいっぱい詰まった曲を選ばせていただきました。




2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2014年1月号の第53回の記事です。

WOW2014-01-HYOSHI.jpg

この回は、同じチック・コリアのバンドで、同じバド・パウエルの『テンパス・フュージット』を演奏する、ロイ・ヘインズ(ds)と、その孫マーカス・ギルモア(ds)の新旧の映像をご紹介しました。

WOW2014-01-KIJI-53.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。

最新号(2015年8月号)の特集は『デンマーク・ジャズ』ですが、

WOW2015-08-HYOSHI.jpg

私にも原稿の依頼があって、
『私のデンマーク盤』というコーナーで、

WOW2015-08-MY DANISH ALBUM-TITLE

デクスター・ゴードンの『THE MONTMALTRE COLLECTION』を紹介させていただきました。

WOW2015-08-MY DANISH ALBUM-KIJI

デンマークでの録音という事では、「カフェ・モンマルトル」以外にも「チボリガーデン」での録音(例えば、サラ・ヴォーンの『SASSY SWINGS THE TIVOLI』とか・・・。)というのもあったのですが、『"デックス"のモンマルトル盤』だと、関連する"ネタ"が他にもあったので、このライヴ盤にしました。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年12月号の第52回の記事です。

WOW2013-12-HYOSHI.jpg

この回は、ズート・シムズが、亡くなる4ケ月前にスウェーデンで収録した"枯れて円熟した"演奏の映像をご紹介しました。

WOW2013-12-KIJI-52.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年11月号の第51回の記事です。

WOW2013-11-HYOSHI.jpg

この回は、二人の大物ドラマーの強力なフットワークがもたらした、ちょっとコミカルな珍プレイ映像をご紹介しました。

WOW2013-11-KIJI-51.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年10月号の第50回の記事です。

WOW2013-10-HYOSHI.jpg

この回は、来日常連のハンク・ジョーンズが、震災の翌年(1996年)に神戸で行ったコンサートの映像をご紹介しました。

WOW2013-10-KIJI-50.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
最新号(2015年4月号)の巻頭特集は、

WOW2015-04-HYOSHI.jpg

『ジャズの一歩手前盤』という企画なのですが、

WOW2015-04-JAZZ NO IPPO TEMAE-TITLE

私にも原稿の依頼があったので、フランク・ザッパの『HOT RATS』を紹介させていただきました。

WOW2015-04-JAZZ NO IPPO TEMAE-KIJI

他にも、トラフィックの2ndアルバム『TRAFFIC』や、

TRAFFIC-2ND ALBUM

テン・イヤーズ・アフターの4thアルバム『CRICKLE WOOD GREEN』なんかも候補だったのですが、

TEN YEARS AFTER-CRICKLEWOOD GREEN

熟考の結果、やはりザッパにしました。

FRANK ZAPPA-HOT RATS




2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年9月号の第49回の記事です。

WOW2013-09-HYOSHI.jpg

この回は、1986年に開催された『第1回マウントフジ・ジャズフェスティバル』の映像をご紹介しました。

WOW2013-09-KIJI-49.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年8月号の第48回の記事です。

WOW2013-08-HYOSHI.jpg

この回は、"VERVE"レーベル50周年を記念してカーネギーホールで開催された豪華絢爛なコンサートの映像をご紹介しました。

WOW2013-08-KIJI-48.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
最新号(2015年1月号)の

WOW2015-01-HYOSHI.jpg

巻頭特集『MY BEST DISC 2014』の中で、

WOW2015-01-KIJI-MY BEST DISC 2014

最近の当ブログで頻繁に取り上げている"ポリー・ギボンズ"の最新盤『MANY FACES OF LOVE』を紹介させていただきました。

WOW2015-01-KIJI-MY BEST DISC 2014-POLLY GIBBONS

遡って調べてみると、2013年はジェフ・ローバーの『HACIENDA』を、

WOW-MY BEST DISC 2013-JEFF LORBER HACI ENDA

2012年は欠場、
2011年はマイケル・フランクスの『TIME TOGETHER』を、

WOW-MY BEST DISC 2011-MICHAEL FRANKS TIME TOGETHER

2010年は、ライブも対象だったので、『ラーシュ・ヤンソン・トリオ&ウルフ・ワケニアスの阿波座の"空音"でのライブ』を、

WOW-MY BEST DISC 2010-LARS ULF LIVE

2009年は、マイク・マイニエリが30年ぶりにリユニオンした『L'IMAGE』のアルバムと東京JAZZでの来日公演を紹介していました。

WOW-MY BEST DISC 2009-MIKE MAINIERI LIMAGE

来年も、当ブログをよろしくお願いいたします。

2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年7月号の第47回の記事です。

WOW2013-07-HYOSHI.jpg

この回は、"演奏している映像を見ると100倍楽しくなる"ミュージシャン『ローランド・カーク』をご紹介しました。

WOW2013-07-KIJI-47.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年6月号の第46回の記事です。

WOW2013-06-HYOSHI.jpg

この回は、俳優としての才能も発揮して活躍したデクスター・ゴードンの映像をご紹介しました。

WOW2013-06-KIJI-46.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年5月号の第45回の記事です。

WOW2013-05-HYOSHI.jpg

この回は、"ブルースとバラードの達人"ミルト・ジャクソンの映像をご紹介しました。

WOW2013-05-KIJI-45.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年4月号の第44回の記事です。

WOW2013-04-HYOSHI.jpg

この回は、マイルス・デイビスの"黄金のクインテット"でデビューしたトニー・ウィリアムスの映像をご紹介しました。

WOW2013-04-KIJI-44.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年3月号の第43回の記事です。

WOW2013-03-HYOSHI.jpg

この回は、ウディ・アレン監督の1999年の映画『ギター弾きの恋』でもモデルになったジャンゴ・ラインハルトの映像をご紹介しました。

WOW2013-03-KIJI-43.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年2月号の第42回の記事です。

WOW2013-02-HYOSHI.jpg

この回は、スタン・ゲッツの新旧の映像での毒舌ぶりをご紹介しました。

WOW2013-02-KIJI-42.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。


2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2013年1月号の第41回の記事です。

WOW2013-01-HYOSHI.jpg

この回は、1917年のストーリーヴィルを舞台にして始まる1947公開の映画『NEW ORLEANS』をご紹介しました。

WOW2013-01-KIJI-41.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最終回(第55回)の記事まで読んでいただけるようにしております。