Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

梅雨も明けて、いよいよ夏本番。
ということで、店内に飾っているレコード・ジャケットも「夏仕様」になりました。

アート・ペッパーの「SURF RUDE」と

APSR.jpg

カクテルが涼しげな、ジューン・クリスティーの「SOMETHING COOL」にしました。

JC-SC.jpg
先日、東京から出張で大阪に来られて、当店にはじめて来店された方なのですが。
この方、フュージョンがお好きで、「マンションを建てる」お仕事をされていて、今度、千葉の船橋に建てる予定のワンルーム・マンションの名称を何と「ROOM 335」にされるらしいのです!!!
それというのも、たまたま、そのマンションを建てるところの番地が「3-3-5」だったという偶然から、そうなったということでした。
いや~~~、これはニュースです!!!
このマンションが完成するのは少し先(1~2年後?)になるとは思いますが、楽しみです。
ちなみに、この「ROOM 335」という曲が入っているのは、下の写真のラリー・カールトンのアルバムです。(念のため)

LC.jpg
前々回の記事でも取り上げたクインシー・ジョーンズの『WALKING IN SPACE』というこのアルバム。
1969年に録音されているのですが、

QJ.jpg

これに遡ること6年前の1963年に録音されたシャーリー・ホーンの『SHIRLEY HORN WITH HORNS』という駄洒落タイトルのこのアルバムで、クインシーは、プロデューサー、コンダクター、2曲でアレンジャー(1曲目と2曲目だと思います。)として起用され、大活躍しています。

QJ-01.jpg

ところで、このアルバムの2曲目に収録されている「THE GREAT CITY」という曲のバッキング・パターンが『WALKING INSPACE』に収録されている「KILLER JOE」にとてもよく似ていて、ひそかに「KILLER JOE」のバッキングの元ネタではないかと勝手に思っております。( ほんまかいな
2ケ月前から店内にレコード・ジャケットを飾り始めたのですが、殆ど誰にも気付いてもらえないので、ここで紹介することにしました。
4枚飾っていますが、その内2枚を私が選んでいます。

今は梅雨ということで、ジョージ・ウォーリントンが傘をさしている「JAZZ FOR THE CARRIAGE TRADE」と

GW-01.jpg

「レイン・ソング」という曲が入っているジェフ・ローバーの「WATER SIGN」を飾っています。

JL-002.jpg

ちなみに、一番最初に飾ったのは、昔からとても気に入っていた
セロニアス・モンクの「UNDERGROUND」と

Monk-Underground.jpg

ピート・ジョリーの「LITTLE BIRD」でした。

PJ-1.jpg

この2枚は、これから何回も飾ることになると思います。