Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

店内にディスプレイしているレコード・ジァケットを更新しました。
今回はフュージョンのアルバムにしてみました。
クールなシメージのアリスタ・オールスターズの『BLUE MONTREUX』と

ARISTA.jpg

ウォームなイメージのスタッフの『MORE STUFF』にしました。

MORE STUFF

『BLUE MONTREUX』には、マイク・マイニエリに、
『MORE STUFF』には、コーネル・デュプリーとエリック・ゲイルとスティーブ・ガットにサインをしてもらってます。
『BLUE MONTREUX』の方には、チョットしたネタがあるので、次回の記事でご紹介したいと思います。
以前の記事で『SUPERSAX & L.A.VOICES』の1枚目と3枚目を御紹介したことがありますが、

SUPERSAX-1.jpg

SUPERSAX-3.jpg

先日、ネットオークションで2枚目をゲットする事が出来ました。

SUPERSAX-2.jpg

これで、ようやく、このシリーズ3枚が揃いました。
めでたし、めでたし。
去年の秋頃から見るようになった『吉田類の酒場放浪記』というテレビ番組。今では毎週必ず見るようになり、DVDにダビングして保存したり、市販のDVDソフトまで購入(プレゼントして貰ったのですが)してしまう程のめり込んでおります。

SAKABA.jpg

この番組のクロージングで、AMOS MILBURNという人が歌っている『BAD BAD WHISKY』や『ONESCOTCH ONE BOURBON ONE BEER』という曲が流れるのですが、
このAMOS MILBURNという方、かなりの酒好きらしく、他にも『GOOD GOOD WHISKY』、『LET ME GO HOME WHISKY』、『THINKIN’AND DRINKIN’』なんていう曲も歌っております。
先日、この人のコンピCDもネットオークションでゲットしてしまいました。
この人、今、マイ・ブームです。

AM-01.jpg

そして、この『吉田類の酒場放浪記』のクロージングで流れている曲が、この人が歌っていると知るきっかけになった貴重な映像があるんです。

AM-02.jpg

AM-03.jpg

『BAD BAD WHISKY』を歌っている1951年のAMOS MILBURNの映像です。
前回の記事でアート・ファーマーの『INTERACTION』というアルバムの事を少し取り上げましたが、

AF-INTERACTION.jpg

このアルバムのジャケット・デザインが、ビル・エバンスの『INTERPLAY』というアルバムのジャケットと似ているな~~~と前々から思っておりました。
アルバム・タイトルも『INTER○○○○繋がり』ですしねェ~~~。

BE-INTERPLAY.jpg

アート・ファーマーの『INTERACTION』は、ATLANTICレーベルからのリリースで、1963年7月末~8月初旬の録音で、デザイナーは、LORING EUTEMEY という人。
ビル・エバンスの『INTERPLAY』は、RIVERSIDEレーベルからのリリースで、1962年7月中旬の録音で、デザイナーは、KEN DEARDOFF という人です。
レーベルもデザイナーも違いますが、リリースされた時期は近いと思います。

そして、『INTER○○○○繋がり』といえば、ジョー・パスの『INTERCONTINENTAL』。

JP-INTERCONTINENTAL.jpg

ジャズのプレーヤーではないのですが、同じくギタリストのジェフ・ベックの『WIRED』というアルバムのジァケットが似た雰囲気だと思うのですが、どうでしょう?

JB-WIRED.jpg