Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

当ブログに度々登場するNHK・BS-1の"エルムンド"という番組。

EL MUNDO-LOGO

EL MUNDO-NAVIGATORS

次回のテーマは『ジャズに生きる~音楽のチカラ』という事で、
ニューオリンズの『ジャズ・アンド・ヘリテイジ・フェスティバル』がリポートされるそうです。

EL MUNDO-NEWORLEANS

トーク・ゲストは、ゲイリー・バートン(vib)と小曽根真(p)の師弟コンビ。

GARY BURTON OZONE

ニューオリンズからは、ブランフォード・マルサリス(sax)のインタビューもあるそうです。

BRANFORD MARSALIS

録画して、じっくり見ようと思います。
先日Amazonで、あるDVDを探していると、偶然フランク・ザッパの1988年バルセロナでのライブDVDがリリースされているのを発見しました。
Amazonが直接扱っていたのでオフィシャル物ではないか?と判断し、早速ゲットしました。

FRANK ZAPPA-BARCELONA 1988-DVD JACKET

実は、同内容のブート物DVDを既に持っていたのですが、Amazonから届いて見比べてみると画質が100倍!!くらい良くてビックリ!!
"MASTERPLAN"というレーベルがリリースしていて、オフィシャル物かどうかは微妙ですが、少なくともDVD-Rではなく、ちゃんとプレスされたものです。
曲数もブート物より1曲多くて、約2時間のコンサートを最初から最後まで収録している感じです。

FRANK ZAPPA-BARCELONA 1988-FZ

1988年2月2日のニューヨーク公演を皮切りに、同年6月9日のイタリア・ジェノバでの公演で幕を閉じた『全米&ヨーロッパ・ツアー』のスペイン・バルセロナでの5月17日のライブを収録していて、バンドは5人のホーンセクションを含む12人編成の豪華版です。

FRANK ZAPPA-BARCELONA 1988-HORN SECTION

このツアー中に同じメンバーでレコーディングされたのが、アルバム『BROADWAY THE HARD WAY』で、

FRANK ZAPPA-BROADWAY THE HARD WAY-CD JACKET

この時の各地のライブを収録したアルバムが後に『THE BEST BAND YOU NEVER HEARD IN YOUR LIFE』や、

FRANK ZAPPA-THE BEST BAND YOU NEVER HEARD IN YOUR LIFE-CD JACKET

『MAKE A JAZZ NOISE HERE』としてリリースされているのですが、

FRANK ZAPPA-MAKE A JAZZ NOISE HERE-CD JACKET

このDVDに収録されているバルセロナでの演奏は、上記2枚のライブ・アルバムにも収録されていないので貴重ですし、晩年のザッパ・バンドの充実した演奏がたっぷり楽しめて大満足です。

ところでこのDVD、2007年末にリリースされていた様なのですが、すっかり見逃してました。(ふぅ~~~、危ない、危ない。)
2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、"ジャズやフュージョンの映像のコラム"を書かせていただいておりますが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2012年1月号の第29回の記事です。

WOW2012-01-HYOSHI.jpg

この回は、カウント・ベイシーやチャーリー・パーカー等のカンザス・シティを拠点に活動していたミュージシャン達の映画や映像をご紹介しました。

WOW2012-01-KIJI-29.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。

なお当店では、第1回の記事から最新の記事まで読んでいただけるようにしております。

先日、G.W.の休みを利用して約12年間トランクルームで眠ったままだった"RHODES"ピアノを部屋に運んで来て復活させました。
恐る恐る埃だらけで金属部分が錆びたケースの蓋を開けてみると、中は思っていたより綺麗だったので一安心。

RHODES PIANO-ALL VIEW

タイプは、「MARKⅠ STAGE PIANO 73鍵盤」です。

RHODES PIANO-MARK 1 STAGE PIANO

RHODES PIANO-SEVENTY THREE KEYS

1970年代後半のもので鍵盤は木製ですが、残念ながら"RHODES"のロゴの左斜め上に"Fender"のロゴが付いている初期タイプの"FENDER RHODES"ではありません。

RHODES PIANO-RHODES LOGO MARK

でも、あのアメリカっぽい独特のにおいがして、懐かしい感じですね。
アンプがないので、音出しはまだ出来ておりません。
ここのところ続けて記事にしているNHK・BSで放送している『BS洋楽グラフィティー』という番組の中の「ブッカーT.&MG's」や「彼らをバックにして歌うオーティス・レディング」の映像の元ネタのDVDを発見してゲットしました。
それがこの『STAX/VOLT REVUE』という1967年4月7日にノルウェーのオスロでのライブを収録したDVDです。

STAX VOLT REVUE 1967-DVD JACKET

そのタイトルどおり、"STAX"レーベルとその傘下の"VOLT"レーベルに所属するミュージシャン達が一堂に会したコンサートで、
最初に"BOOKER T.&MG's"が登場して、彼らだけで代表曲「GEEEN ONION」等を演奏し、

STAX VOLT REVUE 1967-BTMGS

そこに"MAR-KEYS"というホーンセクションが加わって数曲演奏した後、

STAX VOLT REVUE 1967-MAR KEYS

"ATHUR CONLEY"や"EDDIE FLOYD"、"SAM AND DAVE"いった歌手達が次々と"MG's+MAR-KEYS"をバックに歌いまくり、

STAX VOLT REVUE 1967-SAMDAVE

最後にレーベルの看板スター"OTIS REDDING"が登場して大いに盛り上がるといった定番で王道な内容なのですが、

STAX VOLT REVUE 1967-OTIS REDDING

こんな映像がちゃんと残っていたんですね~~~!!!
しかも千五百円台で買えてしまうんですから、もうたまりません!!!