Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第10号~第12号です。

WW-SHINBUN-010.jpg

WW-SHINBUN-011.jpg

WW-SHINBUN-012.jpg



JazzJapan誌・最新号(5月号Vol.69)の

JAZZ JAPAN 2016-05 VOL69-HYOSHI

読者投稿コーナー『Reader's Opinion』に、常連さんだった方が、
閉店した当店の想い出を投稿して下さった記事が掲載されました。

JAZZ JAPAN 2016-05 VOL69-KIJI-READERS OPINION

ほぼ1ページ全面を占めていて、
家内が書いていたJAZZ新聞「Wishy-Washy」の最終号や
パット・マルティーノ氏来店時の写真まで載せていただいております。
記事にもあるように、マルティーノ氏は、この常連さんが連れて来てくださったのです。
ありがたいことです。
ところでマルティーノ氏は、この時(2005年7月)以来何回か来日しているのに
大阪には一度も来ていないのです。
マルティーノ氏に限らず、この『大阪素通り現象』はかなり前から続いているのですが、
何とかならないもんでしょうか・・・・・。





2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第7号~第9号です。

WW-SHINBUN-007.jpg

WW-SHINBUN-008.jpg

WW-SHINBUN-009.jpg


最近、「昔録り貯めたテレビ録画」や「昔買い集めたレーザーディスク」等をDVDに再編集し始めているのですが、
今まで見過ごしていた興味深いシーンを再発見したりするので、順次ご紹介して行くことにしました。
題して『再発見シリーズ』です。
第1回目は、当ブログの以前の記事や、『WAY OUT WEST』に連載で書かせていただいた記事でも少し触れたウェイモン・リードというトランペッターについてです。
『WAY OUT WEST』の記事では、サラ・ヴォーンの1978年のプラハでのライブ映像に出ていたのを、「カウント・ベイシー楽団やジェイムズ・ブラウン・バンドに所属していた人」とご紹介していますが、

WOW2011-02-KIJI-18.jpg

カウント・ベイシー楽団が1977年にモントルー・ジャズフェスティバルに出演している映像で発見!

COUNT BASIE-1977 MONTREUX-CB

「チュニジアの夜」でフィーチャーされていました。

COUNT BASIE-1977 MONTREUX-WR

サラのプラハでのライブの時は、彼女の第4番目にして最後の夫(縁故雇用)だったようなのですが、
この1977年のベイシー楽団在籍時にはどうだったのでしょうか?
この後、サラと結婚してベイシー楽団を辞めたんでしょうか?
レイ・ブラウンも、エラと結婚してMJQ辞めてますしねェ~。
どうでもいい事ですけど、少し気になります・・・・・。
2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第4号~第6号です。

WW-SHINBUN-004.jpg

WW-SHINBUN-005.jpg

WW-SHINBUN-006.jpg



2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介して行こうと思います。

WW-SHINBUN-001.jpg

WW-SHINBUN-002.jpg

WW-SHINBUN-003.jpg




2009年4月から、関西ジャズ・シーンの情報を発信し続けているフリーペーパー『WAY OUT WEST』。
その片隅で、2009年9月号から2014年3月号までの4年半、『ジャズやフュージョンの映像のコラム』を書かせていただきましたが、
その過去の記事を振り返って読んでいただこうというシリーズ。

今回は、2014年2月号の第54回の記事です。

WOW2014-02-HYOSHI.jpg

この回は、ラグタイムを代表するピアニストの一人で、『MEMORIES OF YOU』の作曲者でもある"ユービー・ブレイク"の貴重な映像をご紹介しました。

WOW2014-02-KIJI-54.jpg

画像をクリックしていただくと、大きくなって読みやすくなります。