Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

以前、2016年11月26日付の『”懐メロ”クラシック』シリーズの記事の中で、
プログレッシブ・ロック・バンド"YES"の1973年のライブ・アルパム「YESSONGS」の冒頭で流されるストラビンスキーの「火の鳥」のヴァージョンについて以下の様に書いたのですが、

「この(LPレコード)のライナーには"小澤征爾さん指揮によるボストン交響楽団の『火の鳥』"と書かれているのですが、疑問に思って少し調べてみたところ、ボストン交響楽団との『火の鳥』の録音は1983年のようですし、演奏を聴き比べてみた感じでも、1972年録音の"パリ管弦楽団"との演奏の方なのではないかと思っている次第です。」

最近ゲットした情報によると、小澤さんがボストン交響楽団と『火の鳥』を録音したのは、
1983年だけではなくて、1969年が最初なのだそうです。
という事なので、LPレコードのライナーが間違っていたのではなくて、私の調査不足だったと判明致しました。
失礼致しました!
訂正してお詫び申し上げます。
反省の意味も込めて、この1969年録音の「火の鳥」のCDをゲットして、神妙に聴いてみようと思っているところです。

FIREBIRD-SEIJI OZAWA-1969
2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第142号~第144号です。
復活・再開した最新号も順次当ブログでアップしております。

WW-SHINBUN-142.jpg

WW-SHINBUN-143.jpg

WW-SHINBUN-144.jpg


以前(5月1日)の記事の中で話題にさせていただいた、ラーシュ・ヤンソン・トリオのドラマーの『蝶ナットを取り付けない』シンバル・セッティングの件なのですが、
少し前に、店の常連さんだったピアニストM氏のライブを聴きに行った時に、ドラマーの方に質問してみたところ、
「蝶ナットを取り付けるか、取り付けないかで、シンバル・スタンドの共振のし方(固有周期?)が変わって、シンバルの鳴り方も変わって来るのでは・・・。」といった趣旨の答えが返って来ました。

CYMBAL SETTING-2

CYMBAL SETTING-3

「なるほど!」と納得したと同時に、
「その微妙な音の違いを認識しているのはドラマー本人だけで、共演している他のミュージシャンやオーディエンスは殆んど認識していないのでは?」とも思ったのですが、
「でも、本人が納得しているという事が大事なのだ!」と改めて納得したのでした。

ところで、この質問に答えて下さったドラマーの方の知り合いのドラマーの中にも、蝶ナットを外している方がいるそうなのですが、
その方は、「シンバルを"とっかえひっかえ"する時に楽だから。」だそうです。
この理由は想定内でした(笑)
2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第139号~第141号です。
復活・再開した最新号も順次当ブログでアップしております。

WW-SHINBUN-139.jpg

WW-SHINBUN-140.jpg

WW-SHINBUN-141.jpg


先日、私のお気に入りギタリストの一人"ピーター・バーンスタイン"のライブ・アルバムがリリースされたので、早速聴いてみました。

0692-1.jpg

『SIGNS LIVE!』と題されたこのアルバムは、2016年にリリースされた前作『LET LOOSE』と同様

PETER BERNSTEIN-LET LOOSE

"SMOKE SESSIONS"というレーベルからリリースされているのですが、
ライブ収録された場所は"SMOKE"ではなくて、"JAZZ AT LINCOLN CENTER"で、2015年1月のライブという事の様です。

ところで、このアルバムは、1995年に"CRISS CROSS"レーベルからリリースされたバーンスタインのリーダー2作目『SIGNS OF LIFE』のレコーディング・メンバーが20年振りにリユニオンしているので、タイトルが『SIGNS LIVE!』になっているのだと思うのですが、

peter bernstein-signs of life

ブラッド・メルドー(p)、クリスチャン・マクブライド(b)、グレゴリー・ハッチンソン(ds)という当時は新進気鋭、今となってはバリバリのトップ・プレーヤー達が共演しているというので、期待が高まると同時に、聴く前にハードルも高まってしまったのですが、
期待どおりの素晴らしい内容で、高いハードルも軽々と越えてくれたのでした。
ライブ盤という事もあってか?スタジオ盤にありがちな硬質感が和らぎ、躍動感もあって、
10分を超える長時間演奏が多いにも関わらず、集中力や緊張感が保たれていて、とても充実した演奏を楽しめるのです。
収録されているのは、前述した2枚のアルバムからの曲を始めとして、過去のアルバムからのものが中心なのですが、今回のアルバムの演奏の方が殆んどの場合で出来が良いと感じました。
という事で、もし誰かに「バーンスタインで一枚?」と尋ねられたら、今のところ、このライブ盤をお薦めしようと思っております。

それから、このアルバムは、「難しい事をし過ぎていないブラッド・メルドーが聴ける」という点でもお薦め出来ると思っております。


2002年4月から家内が書き始めた"JAZZ新聞"を創刊号から順次ご紹介しています。
今回は、第136号~第138号です。
復活・再開した最新号も順次当ブログでアップしております。

WW-SHINBUN-136.jpg

WW-SHINBUN-137.jpg

WW-SHINBUN-138.jpg