Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

先日、『A MESSAGE FROM MONTREUX』という非売品のLDをネットオークションで落札しました。

MONTREUX-67-84.jpg

元ネタは、スイスで1986年頃に放送された『DE HARLEM A CAUX』というTV番組のようで、内容は『モントルー・ジャズ・フェスティバルの主宰者クロード・ノブスがインタビューを受けて、フェスティバルの成り立ちや、過去に出演したミュージシャンのエピソードなんかを喋る』というものなのですが、インタビューの合間に出て来る短い映像が、なかなか貴重なものばかりで楽しめます。
『DE HARLEM A CAUX』は、英語で言うと『FROM HARLEM TO CAUX』と言う事らしく、
『CAUX(コー)』と言うのは、モントルーの近くの村の名前のようで、
クロード・ノブスのコテージがこの村にあるようで、
このコテージでインタビューが収録されたのではないかと勝手に思っております。

MONTREUX-CLAUDENOBS.jpg

この非売品のLDは、当時リリースされていた『NORMAN GRANZ MONTREUX CONCERTS』というシリーズのLDの販売促進用に作られたものなのですが、ここに収められたミュージシャンの映像はシリーズで発売されたLDには全く収録されていません。
やはり、ノーマン・グランと言う事で、パプロ・レーベル絡みのミュージシャンの映像だけがリリースされたということなんでしょうね。
シリーズ全7枚のLDの内、5枚以上購入した人だけが、このボーナス・ディスクを貰えたという訳です。

さて、この映像の冒頭では、番組タイトル等のクレジットの文字のバックに『モントルーJFの公式パンフレットが第1回の1967年から始まって、1984年まで次々に置かれて行く』という映像が使われているのですが、

MONTREUX-PAN1967.jpg

MONTREUX-PAN1984.jpg

よ~~~く見ていると、1972年のパンフの次には、1974年のパンフが置かれていて、1973のパンフが抜けております。

MONTREUX-PAN1972.jpg

MONTREUX-PAN1974.jpg

73年だけ手に入らなかったと言う事なんでしょうね。
ということは、73年のパンフは凄く貴重ということなんでしょうか?
それは兎も角、次回の記事では引き続き『インタビューの合間に出て来る、短いながらも貴重な映像』をご紹介しますので、お楽しみに!!!