Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

さて今回は、またまた日本では不人気(?)な男性ヴォーカルで、
メル・トーメが1964年にサンフランシスコの『JAZZ CASUAL』というTV番組に出演した時の映像です。
ピアノ・トリオを従えて7曲唄ってます。

MEL TORME-1

トーメは唄以外にドラムが上手だというのは良く知られていますが、
(下の画像は1950年の、トーメが25歳の時の映像からのものです。)

MEL TORME-2

ここでは、『WHEN SUNNY GETS BLUE』という曲でピアノの弾き語りをしてみせたり、

MEL TORME-3

『QUIET NIGHT』というボサノバの曲では、何とチョット大きめのウクレレを弾きながら唄ってしまいます。

MEL TORME-4

多芸ヴォーカリストのチャンプといったところでしょうか?
決して『貧乏』ではない『リッチ』で器用な人です。