Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

先々週の日曜日、FM-COCOLOのジャズ・プログラム『ワールド・ジャズ・ウェアハウス』を聴いていたところ、"リー・ワイリー"がガーシュインとコール・ポーターの曲を歌っているアルバムから2曲が紹介されていました。
リー・ワイリーは前々から気になっていたのになかなか手が出なかったのですが、この2曲が良い感じだったので、AMAZONにディスクユニオンが出品していた中古盤をゲットしました。

LEE WILEY-SINGS THE SONG OF GERSHWIN AND COLE PORTER

このアルバムは、1939年と1940年の録音が収録されていて、所謂"ソングブック"物の先駆けとなったんだそうです。

リー・ワイリーといえば、『NIGHT IN MANHATTAN』や、

LEE WILEY-NIGHT IN MANHATTAN

『WEST OF THE MOON』といったアルバムが代表作だと思いますが、この2枚も順次ゲットして聴いてみたいと思っております。

LEE WILEY-WEST OF THE MOON

ところで、今回ゲットした『ガーシュイン&コール・ポーター曲集』で、ワイリーは『’S WONDERFUL』も歌っているのですが、ここではフレーズの頭の部分を略さないで『IT’S WONDERFUL ~ IT’S MARVELOUS』と歌っているのです。
これはなかなか珍しいのでは?と思いつつ、
この曲については、 ~ 『’S WONDERFUL』を字面でそのまま読むと『ス・ワンダフル』となってしまいますが、『ツ・ワンダフル』と発音する方が正しいのでは? ~ と前々から疑問に思っていた私としては、何だか"ヤッタ~~~!!"という感じになって勝手に良い気分に浸っているのでした。