Wishy-WashyのJAZZ映像パラダイス&MORE

2001年7月に開店し、20016年1月に閉店した大阪市北区・西梅田のジャズ・バー『Wishy-Washy』です。所蔵していた映像ソフトやCD等を中心に貴重なものや面白いものをご紹介します。

いつも聴いているFM-COCOLOのジャズ番組「WORLD JAZZ WAREHOUSE」の7月10日の放送で、『SNARKY PUPPY』というバンドの最新アルバム『CULCHA VULCHA』から「SEMENTE」という曲が流れていました。

SNARKY PUPPY-2016-CULCHA VULCHA

ラテン・フレイバーのフュージョンっぽい曲で、なかなか良い感じだったので、どういうバンドなのか調べてみたところ、
2004年にテキサスで結成され、現在はニューヨークで活動していて、
2006年に『THE ONLY CONSTANT』というアルバムでデビューしているようです。

SNARKY PUPPY-1ST 2006-THE ONLY CONSTANT

その後、2007年にセカンド・アルバム『THE WORLD IS GETTING SMALLER』、

SNARKY PUPPY-2ND 2007-THE WORLR GETTING SMALLER

2008年にサード・アルバム『BRING US THE BRIGHT』をリリースし、

SNARKY PUPPY-3RD 2008-BRING US THE BRIGHT

その後、既にもう6~7枚(合計10枚程)のアルバムをリリースしているようで、グラミー賞の受賞経験もあり、日本にも何度か来ているそうです。
ということで、「初期のアルバムから少し聴いてみようかな・・・。」と思って調べてみたところ、
上記の3作品は既に廃番となっていたので、YouTubeで検索してみたところ、この3作品の収録曲の中から10曲程聴くことができました。
リーダーがベーシスト(マイケル・リーグという人です。)ということもあってか?リズム・セクションはかなりのハイレベル。
キーボード奏者(3人程いるようです。)が、フェンダーローズやウーリッツァー、クラビ、ハモンド、ムーグシンセ等のアナログ楽器を好んで使っているので、ハイパーなのに無機質で冷たい感じはなく、随所にファンキーな局面があります。
サックスやトランペットのプレーヤー、曲によってはバイオリン等の弦楽器も入っていて、ジャズ、フュージョン、ソウル、ファンク、プログレ、ラテン、各種民族音楽、クラシック等の様々なジャンルの要素が感じられる演奏で、なかなか興味深いバンドです。